松鶴堂漢方

妙光(貧血、不眠症、精神不安、神経症に)

Aさんはよく気を使われる人です。深読みをされる人です。特徴的なのは、会合の案内が来た時に出欠を迷われます。『もし、この会合、断ったら世話役の○○さん、気を悪くしないだろうか』とか『こんだけのお金と時間をかけて出席して、果たしてそんだけの値打ちがあるだろうか』 とかいろいろ悩まれます。なかなか決断が出ません。でも、義理堅いAさん、結局は出席されます。しかし、その時でも『相手の気分を悪くしないか』 『欠席したら自分一人取り残されるのではないか』そんな不安感にかられて出席されているようで、心底楽しんで積極的に出席されているようではありません。

こんなAさん、常に漠然とした不安感があるようで、お顔の表情も冴えなくなりました。そして睡眠も浅くなりました。夢を見て、時にはうなされている様です。朝、目が覚めた時、後、10分あるとします。その時、布団の中でゴロゴロしているうちに身体も頭も完全に目覚めて、気持ちの良い朝を迎えられます。この10分が気持ちが良いのですが、Aさんは、そのまま起きてしまいます。その時は顔を洗っても、歯を磨いてももうひとつ頭がスッキリしません。午前中、何だか不機嫌になります。

妙光そこで、『妙光』 を差し上げました。『妙光』 にはモッコウ、サンソウニン等14種類の薬草が処方されています。『妙光』 を飲むと胃腸の調子が良くなりだんだんと体力がついてきます。人間というのは面白いもので、体力がついてくれば、心に余裕が出てきます。多少のストレスがのしかかってきても、うまく乗り切れるようになります。今まで深読みし過ぎていたのが、これを飲んでから、あまり気を回しすぎないようになられたようです。そして、朝の目覚めが良くなりました。特に午前中、爽やかに過ごせるということです。

  • 【効能・効果】
    • 虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:貧血、不眠症、精神不安、神経症

妙光 2,800円(+税)

松鶴堂漢方一覧

お悩みで検索

当店について

ふやき本店

お店は古い佇まいが残る安町商店街にあります。京都銀行から50mほどです。
駐車場を備えていますので、ゆっくりご相談ができます。

〒621-0805
京都府亀岡市安町23
でんわ:0771-22-0040
定休日:日曜・祝日
営業時間:10:00~18:00

このページの先頭へ